2017年1月18日水曜日

2017年1月松山離島の旅

年明け早々、中国地方への出張がありまして、

続いて四国は愛媛県松山への出張となりました。

羽田から松山空港へ向かう途中、

富士山上空で山頂の風景を眺めました。






出張三日目。時間に余裕ができたので、

少し散策しようと。。。

JR松山駅付近です。





大手町という駅から電車にのります。

私が小学生のころ、大井町線で乗っていた車両が

ここにいます。なつかしい。。




行く先は、海の方です。




途中、海が近くて美しい駅だなあと、

パチリ!




高浜という駅でおりて、

バスにのりました。





バスで降りたところは広島ゆきのフェリー乗り場。

やることもなく、高浜駅へもどり、

近くの高浜漁港へゆくと、

由良という港へ行く連絡船がいます。





出発ギリギリでしたが、

おもわず飛び乗ってしまいました。

片道240円なり。





30分足らずで興居島(ごごじま)という離島に到着。

さて、どうしよう。





地図を見ても、なにもわからず。






みかんがたくさん山の方に見えるので、

ちょいと散策。






みかんがたくさん落ちています。 





島には寺社がたくさんあります。





港へもどります。

店は小さなスーパーが一つやっています。





とーても寒い。なめてました。






遠くからフェリーを眺める。





とりあえず、海は美しい。





帰りの電車から、途中の美しい駅を

もう一度見ますと、なんと、

東京ラブストーリーで登場した駅

だそうです。

梅津寺駅。





市街にもどってから道後温泉へ。

はじめて来ましたが、たいしたものです。




温泉のかえり、農協がイベントやってました。

1月14日だから、

イイヨ(114) カンの日

ということだそうで。

伊予カンを一個だけ買おうと思って

受付にいったら、100円で

ガチャポンをやれと。。。
 





ガチャポンしたら、大当たりになりまして。

伊予柑一袋ゲット!!

ああ~、これから飛行機乗るのに~。





重い伊予柑一袋とともに、

松山空港を後にしたのでした。

事務所の皆さんに試食してもらいましょう。




おわり



2016年11月2日水曜日

カボスの収穫

実家の庭にカボスの木がありまして、捨てるのももったいないので収穫することになりました。





大分県の名産品であるカボス。

食欲の秋の脇役であります。

我が家では、ソーメンやうどんなどの

麺類でよく使います。

鍋もいいです。

無農薬なので皮も食べれます。






大きくて硬いトゲがありますから、

不用意に近づくと危険です。

服にひっかかるし、皮膚にあたるとイタイです。

これで半日終わってしまった。







実家には柿の木もありますが、

青い部分があるので、

もう少し寝かせておきたい。

疲れたし。


今年の柿の数はまあまあです。

こちらも収穫は大変ですが、仕方ない、後日。







こちら我が家の花梨(かりん)の木。

20個くらいはあるでしょうか。

欲しい方には差し上げます。

我が家でも使いませんので。








2016年10月19日水曜日

秋の雑草取り



急に気温が下がって、秋っぽくなりました。

久しぶりの良い天気。

庭は雑草だらけで困ったことになっています。

今日はやむを得ず、雑草取り。





水鉢では夏の間に水草が成長しました。

水面が見えなくなると困るので、

流木で草を沈めています。

エビがたくさんいて、メダカよりずっと多くなりました。







先日、小鳥が巣箱を見学していたんですけど、

まだ入居されていません。

もう季節じゃないのです。







花壇の隙間にカエルを発見。

まだ虫がたくさんいるので、食べてもらわないと。

いずれ冬眠するのでしょうが、

あのやわらかい手で、

どうやって穴を掘るのかな。





草取りに1時間。

腰が疲れました。






2016年8月24日水曜日

西伊豆の宇久須キャンプ報告

 3年続けて、奥只見湖を訪問してましたが、今年は意を決し西伊豆の海キャンプに挑戦しました。

お盆直前シーズンですが、意外と人は少なかったです。

西伊豆の宇久須というところまで、車で3時間くらい。

到着してテントを張り終えると、ちょうど夕日が沈むところでした。 





翌朝は一応晴れ。台風が気になりますが、一応海は静かです。

山際に白い砂浜の海岸です。

沖合から眺めた風景です。






水はさすがにキレイです。

潜ってみると、青や黄色の魚たちもいます。







昼になると日差しが強くて、砂浜を歩くと鉄板焼き状態です。

思いのほか過酷な状況となります。 






私は肌が弱いので、紫外線対策は入念にやりました。

太陽ってすごいんだな。とか考えつつ、タープの位置を修正しながら日差しをよけます。

タープがないと地獄です。






浜はあまりに暑いので、しばし周辺を観光しました。

黄金崎の「馬ロック」とかいう岬です。

確かに馬に見えます。






もう潜るのは疲れたので、夕暮れを待ちます。

夕日の直射はかなりキツイです。





沈む夕日を見ながらの夕食。

三日月が出てきました。

夜空はキレイでした。





また朝が来て、また太陽に焼かれるのか。

足の裏の皮膚がヒリヒリして耐えられないので、潜水はもうやめようと。






防波堤で釣りをしてみることにしました。

一匹も釣れませんでした。

魚は見えるんですけどね、私がヘタなのです。




 ついに台風は来ませんでした。

今年は天候に恵まれました。

海キャンプは意外とイケる。と思いました。








2016年8月15日月曜日

のぞみ総研 法務アドバイザー とは

㈱のぞみ総研では、企業の総務を支援する法務サービスを展開しております。

法務コンシェルジュサービスのご契約者様から、日々の法務に関するご相談を電話で受け付け、対応しております。

幅広く法務のご相談に対応するため、各分野の専門家が研究員(アドバイザー)として皆様のご相談にあずからせていただきます。

このコーナーでは現在、のぞみ総研の研究員として活躍している専門家を紹介いたします。

人事コンサルタント 渡辺淳

渡辺 淳(わたなべ じゅん)


◎専門分野
新卒採用の支援
人事制度の構築


◎活動分野
人事制度の再構築、新卒採用の立ち上げに関わり、複数社の人事部門の代行として支援している。
コンサルタントとしての立ち位置の支援だけではなく、運用を重視するために、現場と直接関わり合い、現場に根差す組織改善・開発を進めることを得意としている。


◎経歴
ベンチャー飲食チェーンに人事担当(採用・教育・労務)として従事し、ジャスダック上場を経て、パチンコ中堅チェーンのスカウトを受ける。
パチンコチェーンでは、人事部責任者を務め、新卒採用の立ち上げから人事制度の再構築を務め、関連会社では、1億5千万円の債権を背負いながら、リストラに成功。
その後、人事コンサルタント会社へ転職後、独立。


◎こんな場合には、ご相談ください。
・新卒採用を始めたいが、何から始めてよいかわからない。
・思うように採用できない(母集団不足、内定辞退)。
・入社しても、すぐに辞めてしまう。




〒252-0303
相模原市南区相模大野8丁目2番6号 第一島ビル403
株式会社のぞみ総研
℡042-701-3010・Fax042-701-3011

2016年4月26日火曜日

「スリランカ・ソフトウェア・サービス産業協会訪日ミッション交流会」開催情報

南アジアのフロントランナースリランカ IT産業の今を知る

「スリランカ・ソフトウェア・サービス産業協会訪日ミッション交流会」



スリランカといえば、紅茶やアーユルヴェーダなど癒しの国のイメージが定着していますが、

実は今、IoTやBPOを中心とした先進的な取り組みを、

世界中を相手に行っているIT企業が多くあるのをご存知ですか?

この度、スリランカIT業界をけん引する

SLASSCOM(スリランカ・ソフトウェア・サービス産業協会)会長の来日に合わせ、

交流会を企画いたしました。

海外にビジネスチャンスを拡大するチャンスです!!

【日時】平成28年5月9日(月) 15:00-17:45

【場所】さがみはら産業創造センターSIC-2 大会議室
    神奈川県相模原市緑区西橋本5-4-30

【参加費】交流会:無料
     懇親会:3,500円
【内容】
    15:00―16:00
     「スリランカビジネスの魅力」
      スリランカ投資庁(前)投資推進アドバイザー土屋敬三様
    16:00―17:00
     「スリランカ・ソフトウェア・サービス産業協会によるプレゼン」
      SLASSCOM会長Jeevan Gnanam 様
      SLASSCOM URL:http://www.slasscom.lk/
    17:00―17:45
     「参加企業様によるミニプレゼンタイム&名刺交換会」
      ※ご希望の方はプレゼン資料・サンプル等お持ちください。

【主催】株式会社のぞみ総研

【共催】株式会社さがみはら産業創造センター

【申込方法】参加ご希望の方は、件名を【5/9交流会参加申込】とし、
      貴社名・住所・参加者名・連絡先(電話番号・ファックス・
      メールアドレスなど)懇親会参加の有無をご記入の上、
      メール又はFAXで「のぞみ総研」までお送りください。

      メールアドレス:info@thefirm.jp
      FAX番号:042-701-3011

【問い合わせ先】株式会社のぞみ総研(担当:今村・長谷川)
         〒252-0303相模原市南区相模大野8-2-6 第一島ビル4F
         TEL 042-701-3010
         FAX 042-701-3011





2016年4月25日月曜日

鳥の子育てを支援してます


我が家の中から庭を眺めますと、

窓の向こうの、そう遠くないところに

鳥の巣箱があります。

去年はスズメの一家に貸していたのですが、

風で破損したあと、

あの石のうえに放置しておりました。




春になりまして、

鳥を見かけました。

地上60センチの高さにある巣箱に、

シジュウカラらしいですが。





あ、入った!

ということは、巣を作っているのかと。

普通に人間が近寄れる場所なんですが、

ここでよいのでしょうか?

しかし、人間生活に近いだけに、

外敵のスズメやカラスは

近寄ってこれません。

それって、ボクらを信じてくれてるということ?





まさか?と思って中をのぞくと、

卵があります。そしたら・・・

中から「ボフっ」と音がしたので、

私は驚いて、のけぞってしまいました。

親鳥の威嚇を受けたようです。

一応わたし、大家なんですけどね。




ある土曜日、すごい突風が吹いて、

巣箱が倒れそうになったので、

コンクリートブロックで耐風措置を取りました。

あとは無事を祈るばかりです。





椿の枝にもう一つの巣を発見しました。

念のため巣の内部を見たところ、

雛鳥がいました。

周辺でメジロが騒いでいます。





小さな巣のところに、

メジロの親鳥の尻尾だけが見えます。

そっとしておきましょう。






思えば、我が家の庭には、

いろんな生き物がいます。

ちなみに彼は

ヒキガエルの「マイケロ」くんです。








いつもの水鉢では、

ミジンコが発生する季節になりました。

エビもメダカも冬を越して

元気一杯のようです。







花粉もおさまってきたし、

蚊もいないし、

最高の季節だ!




ほんの一瞬ですが、

楽しませていただきますよ。